本文へスキップします。

【全】ヘッダーリンク
【SP】メニュー
メニュー
【全】SNS
ソーシャルボタン
レポートDB:詳細

2019ITTF-ATTUアジアカップ

大会ポスターは→ こちら

LION ITTF・ATTUアジアカップ横浜2019大会概要


1. 大会名称

日本語:LION ITTF・ATTUアジアカップ横浜2019
英 語:32nd LION ITTF-ATTU Asian Cup Yokohama 2019

2. 期間

2019年4月5日(金)~7日(日)(3日間)

3. 会場

横浜文化体育館
〒231-0032 神奈川県横浜市中区不労町2丁目7

4. 主催

国際卓球連盟(ITTF)、アジア卓球連合(ATTU)、
公益財団法人日本卓球協会(JTTA)

5. 主管

神奈川県卓球協会、横浜市卓球協会

6. 後援

神奈川県、神奈川県教育委員会、横浜市、横浜市教育委員会、
公益財団法人神奈川県体育協会、公益財団法人横浜市体育協会、
神奈川新聞社

7. 特別協賛

ライオン株式会社

8. 用具協賛

ボール:株式会社VICTAS
卓球台:株式会社VICTAS
フロアマット:株式会社VICTAS

9.スポーツ振興助成

一般財団法人上月財団

10.テレビ放映

テレビ東京

11. 参加選手

アジアのトップ選手男女各16名
2018年アジアカップ優勝者、アジア選手権シングルス優勝者、
2019年1月発表のITTFワールドランキング上位10名、
南アジア・東南アジア・西アジア・中央アジアより各1名。各協会より最大2名まで出場可能。

12. 試合方法

  1. 第1ステージ
    • 上位12名の選手は、グループA,B,Cの3グループに分かれます。
      (同じ協会の選手が同一グループにならないよう、抽選会で調整が行われる)
    • 各地域代表者(南・南東・西・中央アジア)は、グループDとする。
    • リーグ戦形式で1試合5ゲームマッチ
    • 各グループの上位2名が第2ステージに進出。各グループの3位の選手は、グループDの1位の選手を交え、第2ステージののこり2枠をかけて試合を行います。
  2. 第2ステージ
    • トーナメント形式で1試合7ゲームマッチ

13. 賞金

10万USドル

日程・スケジュール

第1日 4月5日(金)
  • 男子 第1ステージ (1〜3回戦)
  • 女子 第1ステージ (1〜3回戦)
第2日 4月6日(土)
  • 男子 第1ステージ (4回戦)
  • 女子 第1ステージ (4回戦)
  • 男子 第2ステージ (ベスト8、準々決勝、準決勝)
  • 女子 第2ステージ (ベスト8、準々決勝、準決勝)
第3日 4月7日(日)
  • 男子 第2ステージ (順位決定戦、決勝戦)
  • 女子 第2ステージ (順位決定戦、決勝戦)
  • 表彰式

最終日 4月7日(日)の結果

〈男子シングルス 第2ステージ 決勝トーナメント〉
●決勝
樊振東
(中国)
4 9-11
12-10
9-11
11-7
11-8
12-10
2 馬龍
(中国)
●3位決定戦
張本智和 2 7-11
3-11
11-3
5-11
11-9
8-11
4 丹羽孝希
●5~6位決定戦
林昀儒
(チャイニーズタイペイ)
4 11-4
11-8
11-8
14-12
0 GNANASEKARAN Sathiyan
(インド)
●7〜8位決定戦
李尚洙
(韓国)
4 11-9
11-7
5-11
11-3
6-11
11-7
2 黄鎮廷
(中国香港)
男子トーナメント表→こちら
男子最終順位→こちら

〈女子シングルス 第2ステージ 決勝トーナメント〉
●決勝
朱雨玲
(中国)
4 15-13
4-11
11-5
11-8
7-11
11-6
2 陳夢
(中国)
●3位決定戦
石川佳純 4 12-10
14-12
15-17
17-15
11-8
1 馮天薇
(シンガポール)
●5~6位決定戦
平野美宇 3 11-7
12-10
8-11
7-11
11-8
3-11
7-11
4 杜凱琹
(中国香港)
●7~8位決定戦
田志希
(韓国)
W 不戦勝 L 鄭怡静
(チャイニーズタイペイ)
女子トーナメント表→こちら
女子最終順位→こちら

第2日目 4月6日(土)の結果

〈男子シングルス 第1ステージ〉
●プレーオフ(各グループ3位、コンチネンタル1位でのトーナメント)
WISUTMAYTHANGKOON Supanut
(タイ)
0 7-11
5-11
5-11
3 林昀儒
(チャイニーズタイペイ)
GERASSIMENKO Kirill
(カザフスタン)
1 13-11
7-11
8-11
6-11
3 GNANASEKARAN Sathiyan
(インド)
〈男子シングルス 第2ステージ 決勝トーナメント〉
●準々決勝
樊振東
(中国)
4 11-9
11-7
11-8
8-11
11-8
1 林昀儒
(チャイニーズタイペイ)
張本智和 4 11-6
11-7
7-11
11-5
11-9
1 李尚洙
(韓国)
丹羽孝希 4 12-10
6-11
11-9
12-10
12-10
1 黄鎮廷
(中国香港)
GNANASEKARAN Sathiyan
(インド)
1 5-11
5-11
11-6
6-11
3-11
4 馬龍
(中国)
●準決勝
張本智和 1 11-6
6-11
8-11
9-11
4-11
4 樊振東
(中国)
丹羽孝希 0 5-11
6-11
8-11
6-11
4 馬龍
(中国)
●5〜8位決定
黄鎮廷
(中国香港)
1 10-12
12-10
5-11
6-11
8-11
4 GNANASEKARAN Sathiyan
(インド)
李尚洙
(韓国)
3 11-6
8-11
11-7
7-11
4-11
11-9
7-11
4 林昀儒
(チャイニーズタイペイ)
男子トーナメント表→こちら
男子トーナメント表(5〜8位)→こちら

〈女子シングルス 第1ステージ〉
●プレーオフ(各グループ3位、コンチネンタル1位でのトーナメント)
平野美宇 3 11-5
11-2
11-7
0 陳思羽
(チャイニーズタイペイ)
LIN Ye
(シンガポール)
0 7-11
6-11
10-12
3 鄭怡静
(チャイニーズタイペイ)
〈女子シングルス 第2ステージ 決勝トーナメント〉
●準々決勝
平野美宇 2 11-9
7-11
2-11
12-10
7-11
8-11
4 朱雨玲
(中国)
田志希
(韓国)
0 2-11
7-11
9-11
7-11
4 馮天薇
(シンガポール)
石川佳純 4 11-9
9-11
15-13
9-11
12-10
11-7
2 杜凱琹
(中国香港)
陳夢
(中国)
W 不戦勝 L 鄭怡静
(チャイニーズタイペイ)
●準決勝
朱雨玲
(中国)
4 9-11
11-9
11-5
11-5
14-12
1 馮天薇
(シンガポール)
石川佳純 1 1-11
9-11
4-11
11-7
8-11
4 陳夢
(中国)
●5〜8位決定
平野美宇 4 6-11
11-7
11-6
11-8
11-5
1 田志希
(韓国)
杜凱琹
(中国香港)
W 不戦勝 L 鄭怡静
(チャイニーズタイペイ)
女子トーナメント表→こちら
女子トーナメント表(5〜8位)→こちら

第1日目 4月5日(金)の結果

〈男子シングルス 第1ステージ グループリーグ〉
張本智和 1 9-11
11-6
5-11
8-11
3 馬龍
(中国)
張本智和 3 8-11
15-13
11-5
11-2
1 林昀儒
(チャイニーズタイペイ)
張本智和 3 11-6
14-12
9-11
5-11
11-7
2 ACHANTA Sharath Kamal
(インド)
丹羽孝希 3 5-11
11-8
11-5
11-9
1 李尚洙
(韓国)
丹羽孝希 0 8-11
10-12
6-11
3 荘智淵
(チャイニーズタイペイ)
丹羽孝希 3 11-7
11-9
10-12
11-8
1 GNANASEKARAN Sathiyan
(インド)
男子リーグ表→ こちら

〈女子シングルス 第1ステージ グループリーグ〉
平野美宇 1 1-11
8-11
11-6
3-11
3 朱雨玲
(中国)
平野美宇 2 5-11
11-9
10-12
11-6
13-15
3 杜凱琹
(中国香港)
平野美宇 3 11-3
11-7
11-5
0 SAWETTABUT Suthasini
(タイ)
石川佳純 0 11-13
7-11
7-11
3 馮天薇
(シンガポール)
石川佳純 3 11-8
11-4
11-9
0 徐孝元
(韓国)
石川佳純 3 11-9
11-6
11-5
0 陳思羽
(チャイニーズタイペイ)
女子リーグ表→ こちら

大会参加選手・スタッフ

(2019年1月24日掲載)(2/1スタッフ追加)

男子監督 倉嶋 洋介(日本卓球協会)
女子監督 馬場 美香(日本卓球協会)※2/1追記
男子スタッフ 田㔟 邦史(日本卓球協会)
張本  宇(仙台ジュニア)
女子スタッフ 渡辺 武弘(中部大学)※2/1追記
松本 幸徳(日本卓球協会)※2/1追記
石川 久美(KR)※2/1追記
張   成(クロス・ビー)※※2/1追記
スパーリング
パートナー
薛  云超日本卓球協会
金  恵美(日本卓球協会)※2/1追記
郭   帥(クロス・ビー)※2/1追記
マッサー 野中  亮(ケッズトレーナー)
大山  薫(ケッズトレーナー)※2/1追記
情報戦略 原  隆三(日本スポーツ振興センター)*JSC派遣
男子選手 張本 智和(木下グループ)wr4位
丹羽 孝希(スヴェンソン)wr8位
女子選手 平野 美宇(日本生命)wr9位
石川 佳純(全農)wr6位
※選手所属の( )の後ろのwrは、2019年4月付け世界ランキング。

大会参加全選手

※最終選手リストは→こちら(2019年3月8日更新)

男子出場者 ※2019年3月時点
No. 氏名 Name 協会名 略称 出場枠
1 樊振東(はん・しんとう) FAN Zhendong 中華人民共和国 CHN 2018年アジアカップ優勝者
2 張本智和(はりもと ともかず) HARIMOTO Tomokazu 日本 JPN WR 4位
3 李尚洙(イ・サンス) LEE Sangsu 大韓民国 KOR WR 7位
4 黃鎮廷(こう・ちんてい) WONG Chun Ting 中国香港 HKG WR 8位
5 丹羽孝希(にわ こうき) NIWA Koki 日本 JPN WR 9位
6 張禹珍(チャン・ウジン) JANG Woojin 大韓民国 KOR WR 11位
7 馬龍(ま・りゅう) MA Long 中華人民共和国 CHN WR 12位
8 荘智淵(そう・ちえん) CHUANG Chih-Yuan チャイニーズタイペイ TPE WR 19位
9 林昀儒(りん・いんじゅ) LIN Yun-Ju チャイニーズタイペイ TPE WR 26位
10 グナナセカラン GNANASEKARAN Sathiyan インド IND WR 28位
11 アチャンタ ACHANTA Sharath Kamal インド IND WR 33位
12 ゲラシメンコ GERASSIMENKO Kirill カザフスタン KAZ WR 49位
13 Ni.アラミヤン ALAMIAN Nima イラン・イスラム共和国 IRI 中央アジア代表 (WR 62位)
14 スパナット WISUTMAYTHANGKOON Supanut タイ THA 東南アジア代表 (WR 111位)
15 アブドゥルワハブ ABDULWAHHAB Mohammed カタール QAT 西アジア代表 (WR 262位)
16 ラナシンガ RANASINGHA Imesh スリランカ SRI 南アジア代表 (WR 374位)
女子出場者 ※2018年3月時点
No. 氏名 Name 協会名 略称 出場枠
1 朱雨玲(しゅ・うれい) ZHU Yuling 中華人民共和国 CHN 2018年アジアカップ優勝者
2 平野美宇(ひらの みう) HIRANO Miu 日本 JPN 2017年アジア選手権優勝者
3 陳夢(ちん・む) CHEN Meng 中華人民共和国 CHN WR 3位
4 石川佳純(いしかわ かすみ) ISHIKAWA Kasumi 日本 JPN WR 4位
5 鄭怡静(てい・いせい) CHENG I-Ching チャイニーズタイペイ TPE WR 8位
6 馮天薇(フォン・ティエンウェイ) FENG Tianwei シンガポール SGP WR 10位
7 徐孝元(ソ・ヒョ'ウォン) SUH Hyowon 大韓民国 KOR WR 11位
8 杜凱琹(と・がいきん) DOO Hoi Kem 中国香港 HKG WR 13位
9 田志希(チョン・ジヒ) JEON Jihee 大韓民国 KOR WR 16位
10 陳思羽(ちん・しう) CHEN Szu-Yu チャイニーズタイペイ TPE WR 26位
11 スターシニー SAWETTABUT Suthasini タイ THA WR 32位
12 李皓晴(り・こうせい) LEE Ho Ching 中国香港 HKG WR 33位
13 リン・イエ LIN Ye シンガポール SGP 東南アジア代表 (WR 62位)
14 バトラ BATRA Manika インド IND 南アジア代表 (WR 46位)
15 アシュタリ ASHTARI Mahshid イラン・イスラム共和国 IRI 中央アジア代表 (WR 172位)
16 ファラマルジ FARAMARZI Maha カタール QAT 西アジア代表 (WR 470位)
【全】ナショナルチームスポンサー

ナショナルチームスポンサー

  • MIZUNO
  • ANA
  • スターツ
  • 全国農業協同組合連合会
  • 河合塾マナビス
  • VICTAS
  • NISSHINBO
【全】各大会スポンサー

各大会スポンサー

  • 第一三共ヘルスケア
  • サッポロビール株式会社
  • シチズンウオッチ
  • スターツ
  • 日本卓球公認工業会
  • 全国農業協同組合連合会
  • ライオン株式会社
  • SMBCコンシューマーファイナンス
  • タウンワーク
  • ロート製薬
【全】協力団体

協力団体

  • 日本オリンピック委員会
  • 公益財団法人日本スポーツ協会
  • 公益財団法人 スポーツ安全協会
  • totoスポーツ応援サイトGROWING
  • toto公式サイト
  • 日本スポーツ振興センター
  • 国立スポーツ科学センター
  • NPO法人 日本オリンピアンズ協会
  • 一般財団法人 上月財団
  • 公益財団法人 日本アンチドーピング機構 JADA
  • Global DRO
 
【全】フッターテキスト

ページトップへ