公益財団法人
日本卓球協会

NEWS
日本代表 2021.08.04
東京2020オリンピック:準決勝でドイツに惜敗、3位決定戦へ

準決勝でドイツと対戦した日本男子団体【ITTF】


日本男子団体は準決勝で決勝進出をかけてドイツと対戦。

第1試合は水谷隼/丹羽孝希のペアがパトリック・フランツィスカ/ティモ・ボルのペアと対戦した。日本は準々決勝のダブルスペアからオーダーを変更して臨んだ。第1ゲームはバック側にボールを集められ、攻略できずに2‐11で落とすスタートに。続く第2ゲームでもペースを握られ自分たちの卓球ができず、3‐11と連続して差をつけられてゲームを落としてしまう。後がなくなった水谷/丹羽のペアだったが、第3ゲームも序盤に先制し、逆転を許す苦しい展開に。しかし粘り強く攻め、第3ゲームを奪い返す。続く第4ゲームも一進一退の展開になるも、集中力を切らさずポイントを奪うと11‐8で勝利し、最終ゲームにもつれ込む。2ゲームを連取した勢いを持ち込みたかった日本だったが、相手もペースを取り戻し7‐11とドイツが第1試合に勝利した。

第2試合は張本智和がシングルス銅メダルのディミトリー・オフチャロフに挑んだ。第1ゲームを奪われた張本だったが、第2ゲームは粘りを見せた。5連続失点を許すと、6連続ポイントで反撃し、デュースの末に13‐11とゲームを奪い、ゲームカウント1‐1の同点とした。完全にペースを掴んだ張本は続く第3ゲームはオフチャロフを圧倒。11‐5とゲームをとり、ゲームカウント2‐1とリードした。勝利のかかった第4ゲームはお互いポイントを奪い合う展開になるが、勢いとまらずに張本がゲームを獲得して、試合を1‐1の同点とした。

第3試合は水谷隼がティモ・ボルと対戦。水谷は13度対戦して一度も勝利していない相手との対戦となったが、第1ゲームを勝利する。6‐6と一進一退のゲームから連続でポイントを奪って11‐7とゲームを奪った。第2ゲームも点差のつかない展開となるが、デュースの末に11‐13とゲームを奪われる。第3ゲームに入っても接戦が続くが、水谷も崩れず粘る。しかし、6連続ポイントを許してゲームを7‐11と落としてしまう。続く第5ゲームも一進一退のゲームとなり、劣勢になったところでタイムアウトをとり、流れを変えようとするも7‐11と敗れてしまった。

第4試合はエース張本智和がパトリック・フランツィスカと対戦した。第1ゲームの序盤は2連続ポイントといいスタートを切った張本だったが、3連続ポイントを取られるなど、流れを変えられてしまい、5‐11とゲームを落とした。第2ゲームも流れを変えられずフランツィスカの攻撃に守りに入ってしまった張本は流れをつかめず、9‐11とこのゲームも落としてしまう。後がなくなった張本だが、集中を切らさず第3ゲームはドライブで押して点差を広げ11‐5とゲームを奪い返す。第4ゲームもポイントを奪い合う展開になるが、11‐9とポイントを奪いファイナルゲームに。第5ゲームはポイントを先行され苦しい展開になるも食らいついていく展開となり、最後は連続ポイントでゲームを獲得し、ゲームカウント0‐2からの大逆転勝利。勝敗は最終試合へ持ち越された。

最終試合は丹羽とディミトリー・オフチャロフが対戦。シングルスで敗戦を喫した相手との対戦となった。第1ゲームはお互い我慢の展開となり、丹羽はカウンターでポイントを取る展開になる。9‐9までもつれるが、オフチャロフにゲームを奪われる。第2ゲームもラリーが続く展開となるが、オフチャロフが要所で強烈なスマッシュを決めて7‐11と敗れ、ゲームカウント0‐2と後がなくなる。第3ゲームにもラリーが続く我慢の展開になる。先にゲームポイントを奪われ、後がなくなってから丹羽が粘りを見せるも最後はエッジボールの不運もあり、8‐11で落とし、2‐3でドイツに敗れ3位決定戦に進むこととなった。

3位決定戦は8月6日(金)に韓国と対戦する予定だ。