公益財団法人
日本卓球協会

NEWS
お知らせ 2021.12.15
天皇杯・皇后杯2022年全日本卓球選手権大会の組み合わせが確定


2022年1月24日-30日にて行われる天皇杯・皇后杯2022年全日本卓球選手権大会の組み合わせが確定した。

男女シングルス、男女ダブルス、混合ダブルス、ジュニア男女シングルスの7種目で行われる今大会は総勢972人が出場し、日本一を争う。

男子シングルスでは、前年度チャンピオンである及川瑞基(木下グループ)のブロックに村松雄斗(東京アート)、木造勇人(愛知工業大)などが揃うブロックとなった。東京五輪代表の張本智和(木下グループ)、丹羽孝希(スヴェンソンホールディングス)、世界卓球選手権代表の宇田幸矢、戸上隼輔(ともに明治大学)、森薗政崇(BOBSON)、その他には世界ユース選手権大会で好成績を出した松島輝空(星槎中)、篠塚大登(愛工大名電高)、濱田一輝(愛工大名電高校)など次世代のエースたちの活躍にも注目だ。

女子シングルスでは東京五輪代表組の石川佳純(全農)、伊藤美誠(スターツ)、平野美宇(日本生命)に卓球アジア選手権で3冠を達成した早田ひな(日本生命)、世界卓球選手権大会に出場した芝田沙季(ミキハウス)、世界ユース選手権大会に出場し、多くのメダルを獲得した木原美悠(JOCエリートアカデミー/星槎)、小塩遥菜(JOCエリートアカデミー/星槎)、白山亜美(明徳義塾高校)、枝廣愛(就実高校)、張本美和(木下アカデミー)、小塩悠菜(星槎中学校)、鈴木美咲(山陽学園中学校)らが頂点を争う。

ダブルスでは、世界卓球で男子ダブルス3位に入った宇田幸矢・戸上隼輔ペアや張本智和・森薗政崇ペア、Tリーグの上田仁・神巧也ペア(T.T 彩たま)や、木造勇人・田中佑汰ペア(愛知工業大)など同じチームで出場する選手たちの息のあったプレーに注目だ。女子ダブルスでは世界卓球で女子ダブルス2位に入った伊藤美誠・早田ひなペアや五輪代表の石川佳純・平野美宇ペア、佐藤瞳・橋本帆乃香ペア、芝田沙季・大藤沙月ペアなどが優勝を目指して戦う。

その他、混合ダブルスでは世界卓球選手権でメダルを獲得した張本智和・早田ひなペアを中心に宇田幸矢・木原美悠ペアなどが出場。ジュニアでも世界ユース選手権に出場した将来を担う注目選手が多数出場する。

組み合わせ

【2022年1月17日更新】※ジュニア男子シングルス、混合ダブルスの一部選手名修正
【2021年12月15日発表】

天皇杯・皇后杯2022年全日本卓球選手権大会:特設ページを見る