公益財団法人
日本卓球協会

NEWS
競技者・審判 2021.12.20
タレント発掘・一貫指導育成「パスウェイ事業(U-7)」報告

【JTTA】


12月17日-19日の日程でスポーツ振興くじタレント発掘・一貫指導育成「パスウェイ事業(U-7)」が静岡県・磐田市ラリーナにて行われました。
パスウェイ事業は独立行政法人日本スポーツ振興センター(JSC)がタレント発掘・育成に携わる関係団体等が連携し、日本全体として国際舞台で活躍するアスリートを発掘・育成するシステムを構築することを目的として設立された事業です。

3日間の合宿の結果、男子 篠谷泰志 スネイルズ(北海道)、女子 鈴木希華 マイダス(千葉県)がホープスナショナルチーム(以下、HNT)に選出されました。

2位の男子 川口陽向 YOYO TAKKYU(東京都)と女子 岡田結愛 OKATAKU(兵庫県)は、今後実施されるHNT合宿への参加が認められます。

なお、この研修はKODAMA国際教育財団・スポーツ振興センターの助成金を活用して実施されました。また、参加選手の練習相手として浜松修学舎高等学校卓球部の選手が参加しました。

 

(左から)川口陽向、篠谷泰志、鈴木希華、岡田希愛

 
合宿の結果など、今年の競技者育成事業に関してはこちらから:2021年度パスウェイ事業