公益財団法人
日本卓球協会

NEWS
大会・試合 2022.01.20
【全日本卓球アーカイブス:名勝負】早田ひなが歓喜の初優勝!五輪代表の石川佳純を下す(2020年女子シングルス決勝)

初優勝でトロフィーを掲げる早田ひな【JTTA】


2022年1月24日から始まる天皇杯・皇后杯2022年全日本選手権大会(一般・ジュニアの部)(以下、全日本卓球)に向けて過去3大会の決勝を振り返る企画。

第4回は早田ひなが石川佳純に勝利し、初優勝を飾った2020年女子シングルス決勝。史上初の3年連続3冠に挑んだ伊藤美誠を破り、昨年のリベンジを果たして決勝に進んだ早田と4年ぶりの王座奪還に燃える石川佳純の対決となった。


(映像提供:NHK)

序盤、早田のペースで進んだゲーム、初めての決勝という緊張を感じさせずに積極的に攻め、第1ゲームを奪う。

第2ゲームの立ち上がりは石川が優勢に進める。お互いにバックを使いながら早い展開となり、一進一退のゲームとなる。徐々に早田がペースを握り、強烈なドライブなど、自分らしさを出して逆転でゲームを奪う。

なかなかペースが掴めない石川。立ち上がりは石川が先行するも、逆転を許してから早田が連続ポイント。タイムアウトで流れを切りたい石川だったが、タイムアウトあけも流れは変わらず7連続ポイントを許すなど、早田ひなが王手をかける。

窮地に追い込まれた石川は、第4ゲームにカウンターなどをみせ、意地を見せる。早田は初優勝のプレッシャーなのか、うまくボールが決まらない。粘りを見せた石川が終盤まで接戦となった接戦のゲームを制した。

第5ゲーム、これまでと同じくバックとドライブをうまく使い、強気の攻めを貫いた早田が圧巻の勝利。ゲームカウント4‐1として石川に勝利。涙の初優勝を飾った。

試合後早田は、「これまで苦しいことや、頑張っても結果が出ないことがあって、でもたくさんの方が『ひなちゃん頑張れ』と応援してくれて、結果で恩返しできてよかった。」と語った。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA