公益財団法人
日本卓球協会

NEWS
大会・試合 2022.01.21
【全日本卓球アーカイブス:名勝負】及川瑞基と森薗政崇が激突!大逆転で及川が初優勝(2021年男子シングルス決勝)

優勝した及川瑞基【JTTA】


2022年1月24日から始まる天皇杯・皇后杯2022年全日本選手権大会(一般・ジュニアの部)(以下、全日本卓球)に向けて過去3大会の決勝を振り返る企画。

2021年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で、無観客での開催となり静寂に包まれた中で戦う異様な雰囲気。男子シングルス決勝は新進気鋭の田中佑汰を抑えて勝ち上がった森薗政崇と、昨年のダブルス王者・及川瑞基の対戦となった。


(映像提供:NHK)

お互いに勝てばシングルス初優勝、青森山田の先輩後輩という対戦。森薗は英田理志、田中佑汰を倒しての決勝、及川は準々決勝で張本智和を倒し、準決勝で𠮷田雅己を倒して決勝に勝ち上がった。

序盤は森薗が流れをつかむ。第1ゲームに11‐8と森薗が獲得し、第2ゲームも接戦に持ち込むものの、森薗が12‐10とジュースを制した。終始積極的に攻めた森薗に対し、及川はどこか迷いが見えるようなプレーでうまく流れをつかめない。

第3ゲームも立ち上がりから森薗のサーブが冴え、及川は苦戦する。4‐1となった時点で及川がタイムアウトを取って流れを切る。ここで大きく流れが変わり、及川が逆転に成功する。戦術を変更しレシーブでツッツキを多く使い7連続ポイントを取り、ゲームを2‐1と盛り返す。

第4ゲーム、第5ゲームをお互いに取り合い、ゲームカウント3‐2とした第6ゲーム。森薗が勝てば優勝という勝負のゲームで5‐1とリードを奪う。その後5-3となったところで森薗がタイムアウト。コーチのいない森薗は自身で気持ちをコントロールする。
タイムアウト明け、森薗はポイントを重ねてチャンピオンシップポイントを握るも、及川が横入れやカウンターなどで逆転。最終ゲームへと持ち込んだ。

最終ゲーム、立ち上がりこそポイントの取り合いになったが、森薗は自身でミスが続いてしまう悪い展開に。最後は4‐11で及川が勝利し、歓喜の初優勝となった。

優勝してカップを掲げる及川瑞基【JTTA】

関連記事:全日本卓球前年度優勝の及川瑞基、自らを語る(海外メディア取材記事)