公益財団法人
日本卓球協会

NEWS
大会・試合 2022.09.26
全日本クラブ卓球選手権大会最終日 一般の部、30歳以上の部で日本一が決定!【9月25日】

2019年大会に続いて頂点を掴んだリトルキングス【JTTA】


9月25日(日)、大会最終日は男女それぞれ一般の部、30歳以上の部でクラブチームの日本一が決定した。3年ぶりに開催された今大会は、無観客開催ではあったものの、全国各地から予選を勝ち抜いた358チームが金沢市に集結し、4日間で多くの熱戦が繰り広げられた。

 

一般の部

男子一般の部は、前回大会一般の部1部優勝のリトルキングス(神奈川)が3年ぶり3回目の栄光を掴んだ。準決勝では、前回大会一般1部ベスト8の流山アストロズ(千葉)と対戦し、時吉に2点を奪われるも、4番と5番で蛭田、中村(祥)が気迫のプレーで勝利を導いた。決勝戦は、前回大会一般の部1部ベスト4のT.O.M&卓球三昧をストレートで下したTEAM ZEROと対戦。前半で中村兄弟ペアと2021年マスターズフォーティ王者の三田村が勝利し、優勝に王手をかけるも、3番と4番はTEAM ZEROの伴、今西がストレート勝ちでマッチカウント2-2。優勝が委ねられた5番は、準決勝でもラスト5番を制した中村(祥)が島村を終始ラリーで圧倒し、見事2019年大会に続く連覇を達成した。

【男子一般の部 準決勝・決勝の結果】
準決勝
リトルキングス(神奈川) 3-2 流山アストロズ(千葉)
中村祥吾/中村謙吾 0-2 時吉佑一/大塚裕貴◯
◯三田村宗明 2-1 竹之内亮佑
中村謙吾 0-2 時吉佑一◯
◯蛭田龍 2-0 大塚裕貴
◯中村祥吾 2-0 森下雄太

T.O.M&卓球三昧(東京) 0-3 TEAM ZERO(東京)
飯野弘義/松﨑友佑 1-2 今西健太郎/島村直道◯
石塚航平 0-2 伴誠也◯
三上貴弘 0-2 今西健太郎◯

決勝
リトルキングス(神奈川)3-2 TEAM ZERO(東京)
◯中村祥吾/中村謙吾 2-0 今西健太郎/島村直道
◯三田村宗明 2-0 松岡真也
蛭田龍 0-2 今西健太郎◯
中村謙吾 0-2 伴誠也◯
◯中村祥吾2-0島村直道

 

男子一般の部優勝 リトルキングス(神奈川)

 

男子一般の部準優勝 TEAM ZERO(東京)

女子一般の部は、ロータス(神奈川)が嬉しい初優勝を飾った。決勝戦では、前回大会一般の部1部ベスト8の太洋歯科と対決。2016年全日本シングルスベスト16の小道野に2点を奪われてマッチカウント1-2とリードを許すも、4番の美濃口がハイトスサービスからの攻撃を武器にカットマン木戸をストレートで下して、マッチカウント2-2。ラスト5番は、カットマン鈴木がラリー戦を粘り抜き、最後は16-14で相手を退けた。

【女子一般の部 準決勝・決勝の結果】
準決勝
太洋歯科(神奈川) 3-2 謙信上越(新潟)
木戸亜希穂/李陶 1-2 堀美紀/桑原結梨奈◯
◯小道野結 2-0 乾加那子
徳島柚葉 0-2 桑原結梨奈◯
◯木戸亜希穂2-1 堀美紀
◯李陶 2-1 佐藤雛の

ロータス(神奈川) 3-0 フォーネット(愛媛)
◯青木沙也花/鈴木円花 2-1 方上知代/池上玲子
◯秋田佳菜子 2-0 光田瞳
◯美濃口千夏 2-0 池上玲子

決勝
太洋歯科(神奈川) 2-3 ロータス(神奈川)
◯木戸亜希穂/小道野結 2-0 青木沙也花/鈴木円花
李陶 0-2 秋田佳菜子◯
◯小道野結 2-1 青木沙也花
木戸亜希穂0-2 美濃口千夏◯
徳島柚葉 0-2 鈴木円花◯

 

女子一般の部優勝 ロータス(神奈川)

女子一般の部準優勝 太洋歯科(神奈川)

 

30歳以上の部

男子30歳以上の部は、2018年大会一般の部1部ベスト4のCHIDORIAHI(東京)が悲願の初優勝を飾った。決勝戦は、IV HOMME(東京)をストレートで下して勝ち上がってきたフェニックス卓球クラブ(福井)と対戦。1番石崎・松渕ペア、2番桑原がそれぞれ勝利しマッチカウント2-0でCHIDORIAHIが勢いに乗るも、フェニックスの藤田が3番を奪い返して流れを引き戻し、優勝争いはラスト5番勝負に。逆転勝利を狙うフェニックスだったが、地元・石川出身の石崎が気迫のこもったプレーでカットマン竹下を撃破し、見事ふるさとの地でNo.1に輝いた。

【男子30歳以上の部 準決勝・決勝の結果】
準決勝
CHIDORIASHI(東京) 3-0 Ships沼垂(新潟)
◯石﨑孝志/松渕健一 2-0 松木新太朗/片桐詳太
◯桑原元希 2-0 眞保厚一郎
◯松渕健一 2-1 松木新太朗

IV HOMME(東京) 0-3 フェニックス卓球クラブ(福井)
首藤慶/前田雄紀 1-2 戸田清孝/藤田雄輔◯
大谷修平 1-2 安野祐介◯
秋元要人 1-2 戸田清孝◯

決勝
CHIDORIASHI(東京) 3-2 フェニックス卓球クラブ(福井)
◯石﨑孝志/松渕健一 2-0 伊藤匡志/藤田雄輔
◯桑原元希 2-1 安野祐介
大津公也 0-2 藤田雄輔◯
松渕健一0-2 戸田清孝◯
◯石﨑孝志 2-1 竹下幸樹

 

男子30歳以上の部優勝 CHIDORIASHI(東京)

 

男子30歳上の部準優勝 フェニックス卓球クラブ(福井)

女子30歳以上の部は、前回大会一般の部1部ベスト8のMILFLUR(東京)が盤石の布陣で6年ぶり4回目の優勝を飾った。準決勝でさくらんぼ(埼玉)を3-0で下したMILFLURは、決勝戦で卓精会(東京)と対戦。前半で梶本・小野ペア、保科がそれぞれ勝利し、マッチカウント2-0で迎えた4番はカットマン亀崎と2021年マスターズフォーティでベスト8の小野が対決。1ゲーム目を亀崎が奪うと、続く2ゲーム目は小野が粘りをみせてゲームカウント1-1になるも、最終ゲームは序盤からリードを奪った亀崎がそのまま勝ち切りMILFLURを優勝に導いた。

【女子30歳以上の部 準決勝・決勝の結果】

九十九(東京) 1-3 卓精会(東京)
上原美月/石塚ゆりか 1-2 小野千代/三木邦寿◯
小松亜子 0-2 吉田真奈美◯
◯石塚ゆりか 2-0 竹内みき
田中久美子1-2 小野千代◯

MILFLUR(東京) 3-0 さくらんぼ(埼玉)
◯梶本麻莉菜/小野絵理香 2-0 石井和佳子/川口静枝
◯保科しおり 2-0 中澤裕子
◯亀崎遥 2-0 石井和佳子

決勝
卓精会(東京) 0-3 MILFLUR(東京)
小野千代/三木邦寿 1-2 梶本麻莉菜/小野絵理香◯
吉田真奈美 1-2 保科しおり◯
小野千代 1-2 亀崎遥◯

 

女子30歳以上の部優勝 MILFLUR(東京)

 

女子30歳以上の部準優勝 卓精会(東京)

 

大会写真

男子の最優秀選手賞を受賞した中村祥吾(リトルキングス)

 

女子の最優秀選手賞を受賞した青木沙也花(ロータス)

 

男子30歳以上の部で優勝を決めた地元・石川出身の石﨑孝志(CHIDORIASHI)

 

女子30歳以上の部で優勝を決めた亀崎遥(MILFLUR)

 

女子一般の部で優勝を決めた鈴木円花(ロータス)

 

試合結果(最終)

  • 男子一般の部:PDF
  • 男子30歳以上の部:PDF
  • 男子50歳以上の部:PDF
  • 男子65歳以上の部:PDF
  • 男子小・中学生の部:PDF
  • 女子一般の部:PDF
  • 女子30歳以上の部:PDF
  • 女子50歳以上の部:PDF
  • 女子65歳以上の部:PDF
  • 女子小・中学生の部:PDF
  • ランキング:PDF

 

大会情報

大会に関する情報は、こちら

 

(公益財団法人日本卓球協会 広報委員会)