公益財団法人
日本卓球協会

FAQ
Q19: 平成29年度にアドバイスについてのルールが変わりましたが、どのような変更か、具体的に教えてください。

A: ゲーム間だけに制限されていたアドバイスが、大学生・一般の大会では競技者はそれによって競技が遅れさえしなければラリー中を除いていつでもアドバイスを受けることができるようになりました。

ただし、アドバイスを受けるために遠回りしてボールを取りに行ったり、相手競技者が戻っているのにアドバイスを受けたりするなどの行為は、バッドマナー(遅延行為)と見なされます。

なお、高校生以下の大会ではこの改定前のルールを踏襲し「競技者は、ゲームとゲームの間の休憩時間、あるいは認められた競技の中断時間のみアドバイスを受けることができるが、練習時間終了時とマッチ開始の間はアドバイスを受けることはできない。...。」(日本卓球ルール2.5.1.3.1)が適用されます。一般の大会に高校生以下が出場する場合、一般のルールが適用されます。