公益財団法人
日本卓球協会

NEWS
大会・試合 2023.01.23
全日本卓球2023 見どころ解説記事 No.2


大会2日目は混合ダブルス2回戦から4回戦まで、男女ダブルス1回戦から3回戦まで、ジュニア男女シングルス2回戦から3回戦までが行われる。

【混合ダブルス】

混合ダブルスは2回戦から4回戦までが行われ、2回戦からはシード選手が登場する。
前回大会で初優勝を飾り、国際大会でも優勝経験のある張本智和・早田ひな組(IMG・日本生命)は2回戦から登場。連覇に向けて好発進できるか。

2021年世界ユースU15優勝ペアである松島輝空・張本美和組(木下アカデミー)も2回戦から登場予定。順調に勝ち上がれば4回戦で全日学準優勝の小野寺翔平を擁する大学生実力者ペア小野寺・枝廣組(中央大)と対戦する組み合わせ。その他有力シード勢の活躍にも注目が集まる。ベスト8に勝ち進むのはどのペアか。

【男子ダブルス】

男子ダブルスは1回戦から3回戦までが行われる。
Tリーグで活躍中の実力者ペアである有延・田添組(琉球アスティーダ・岡山リベッツ)は2回戦から登場。2回戦を勝利すれば、全日本2021シングルス王者の及川瑞基を擁する及川・松島組(木下グループ・木下アカデミー)と入江・池田組(東北福祉大)の勝者と激突する。松平・硴塚組(協和キリン)の待つ4回戦まで勝ち上がるのはどのペアか。

全日本シングルス準優勝経験者同士のペアである松平・神組(ファースト)は2回戦から登場。上江洲・花木組(Member Of STIGA・レオフォルテ)と南里・畑組(トヨタ自動車)の勝者と対戦する。4回戦まで勝ち上がれば、スーパーシードの髙見・定松組(日鉄物流ブレイザーズ)と対戦する。

【女子ダブルス】

女子ダブルスは1回戦から3回戦までが行われる。
インターハイベスト8の青井さくらを擁する青井・白山組(明徳義塾中・高)は前瀧・下司組(その田卓研・宝塚第一中)と1回戦で対戦する。世界ユースU15シングルス3位で中学生王者の面手凛を擁する髙橋・面手組(山陽学園高・山陽学園中)は吉岡・永野組(中央大・愛知工業大)と対戦予定。両ペアとも勝ち上がれば3回戦で激突する。第2シードの平野・石川組(木下グループ・全農)の待つ4回戦に勝ち上がるのはどのペアか。

全日学2連覇の黒野葵衣を擁する黒野・中島組(早稲田大)は2回戦から登場。上澤・上澤組(明徳義塾中・高)と山岸・山岸組(新潟産大附高)の双子対決の勝者と対戦予定。順調に勝ち上がれば、大会史上初の5連覇に挑む伊藤・早田組(スターツ・日本生命)と4回戦で対戦する。

【ジュニア男子】

ジュニア男子は2回戦から3回戦まで行われる。
3回戦からは第1シードの2021年世界ユースU15三冠の松島輝空(木下アカデミー)や前回大会ベスト4で高校総体ベスト4の第2シード・三木隼(野田学園高)が登場する。その他のスーパーシード勢の勝ち上がりに注目が集まる。

【ジュニア女子】

ジュニア女子は2回戦から3回戦まで行われる。
前回大会準優勝で世界ユースU19準優勝の張本美和(木下アカデミー)や前回大会ベスト4で第2シードの由本楓羽(香ヶ丘リベルテ高)はスーパーシードとして3回戦から登場。まずはベスト32まで勝ち上がれるか。その他、スーパーシードの活躍も注目される。

関連情報

全日本特設サイト:ライブ配信(卓球TV)
全日本特設サイト:チケット情報
全日本特設サイト:試合速報・記録

(公益財団法人日本卓球協会 広報委員会)