公益財団法人
日本卓球協会

NEWS
大会・試合 2022.01.28
【全日本卓球2022会場速報】男女ダブルス:ベスト8が決定。ランク入りをかけた大一番を制したのは…?

石川・平野組


男女ダブルスは5回戦が行われ、ベスト8が決定。

女子ダブルス

東京五輪代表同士のペアである石川・平野組(全農・日本生命)は菅澤・中森組(四天王寺高)と対戦。第一ゲームを奪われるも、その後3ゲームを連取し勝利。準々決勝へと駒を進めた。

2020年大会王者の伊藤・早田組(スターツ・日本生命)は高橋・出雲組(エクセディ)と対戦。高橋のパワフルなフォアハンドに苦しむも、ゲームカウント2-1とリードを奪う。第4ゲームは3-9までリードされるも、8連続得点で逆転勝ち。準々決勝進出を決めた。

長﨑・木原組(日本生命・JOCエリートアカデミー/星槎)は今大会混合ダブルス準優勝の鈴木李茄を擁する鈴木・山本組(昭和電工マテリアルズ)を寄せ付けずにストレート勝ち。

ノーシードから勝ち上がった2019年世界選手権銅メダリストの佐藤・橋本組(ミキハウス)は2019年全日本ジュニア女王の出澤杏佳(専修大)の木村・出澤組(専修大)と対戦。木村の回転量のあるループドライブと出澤のスマッシュのコンビネーションに苦しむも、要所で攻撃を決め、3-0で勝利した。

準々決勝の組み合わせは以下の通り。

伊藤・早田組(スターツ・日本生命)-佐藤・橋本組(ミキハウス)
野村・森田組(デンソー)-永尾・南波組(サンリツ・日本ペイントマレッツ)
長﨑・木原組(日本生命・JOCエリートアカデミー/星槎)-石川・平野組(全農・日本生命)
宋・成本組(中国電力)-芝田・大藤組(ミキハウス・四天王寺高)

男子ダブルス

世界選手権銅メダルの宇田・戸上組(明治大)は松山・野崎組(法政大)を3-0で下し、準々決勝へと駒を進めた。

宇田・戸上組

第一シードの江藤・松下組(クローバー歯科カスピッズ)を下した濵田・吉山組(愛工大名電高)は5回戦でノーシードから勝ち上がった後藤・渡辺組(協和キリン)と対戦。フルゲームにもつれる激しい打撃戦の末、最後は9-11で敗れた。

昨年世界選手権代表ペアの張本・森薗組(木下グループ・BOBSON)は西・菅沼組(明治大)と対戦。フルゲームまでもつれるも、最後は出だしから突き放し、11-4で勝利。準々決勝進出を決めた。

全日本社会人王者の平野・松山組(協和キリン)は笠原・酒井組(シチズン時計)にストレート負け。5回戦敗退となった。

上田・神組(T.T彩たま)、大島・田添組(木下グループ)も5回戦を突破。準々決勝に進出した。

準々決勝の組み合わせは以下の通り。

後藤・渡辺組(協和キリン)-張本・森薗組(木下グループ・BOBSON)
上田・神組(T.T彩たま)-大島・田添組(木下グループ)
笠原・酒井組(シチズン時計)-藤村・松下組(日鉄物流ブレイザーズ)
宇田・戸上組(明治大)-中村・萩原組(愛工大名電高)

 

関連情報

試合結果:試合結果を見る
大会特設サイト:全日本卓球特設ページを見る
ライブ配信情報:卓球TVを見る