公益財団法人
日本卓球協会

NEWS
大会・試合 2022.10.13
「大会ガイド」全日本卓球選手権大会(団体の部)

前回大会女子優勝の中国電力【JTTA】


10月14日(金)〜16日(日)に2022年全日本卓球選手権大会(団体の部)が鹿児島県鹿児島市のあいハウジングアリーナ松元(松元平野岡体育館)で開催される。

全日本卓球選手権大会(団体の部)は、本年度実施された全日本実業団選手権・前期日本リーグ・全日本大学総合(団体)・全国高校選手権の各上位チームのほか、強化をはかる地元・鹿児島県選抜チーム、ジュニアナショナルチーム(JNT)を加えた男女それぞれ12チームが出場し、団体の日本一を決定する大会である。
試合方法は、男女とも世界選手権で採用されている団体戦方式で、シングルス5試合のうち先に3勝をあげたチームが勝利となる。競技は、第1ステージと第2ステージがあり、第1ステージは各グループ3チーム編成のリーグ戦、第2ステージではリーグ戦の1位と2位による8チームのトーナメント方式で準々決勝から決勝戦が行われる。

今大会は無観客試合であるが、来年に「燃ゆる感動かごしま国体」を控えた鹿児島県選抜を交え、各カテゴリーの代表チームらが団体日本一を目指して「卓球の町まつもと」で熱戦を繰り広げる。大会情報は、こちら

前回大会の様子

 

男子

男子は、今年の全日本実業団で初優勝を掴んだ創部6年目のクローバー歯科カスピッズ、同大会2位で初の表彰台に立った東京ガス、同大会3位のNTT東日本 東京、同大会3位で今年6月に開催された前期日本卓球リーグ和歌山大会では7期ぶり4度目の優勝を果たしたシチズン時計が出場。さらに、前期日本リーグ2位の日鉄物流ブレイザーズ、同大会5位の日野キングフィッシャーズは日本リーグ代表として出場する。大学勢からは、全日本大学総合で5年ぶりの優勝を果たした明治大学、同大会2位で前回大会惜しくも決勝で敗れた愛知工業大学、高校勢では、全国高校選手権で6連覇を達成した愛知工業大学名電高校、同大会2位の野田学園高校が出場。各カテゴリーの強豪チームがひしめきあうなか、鹿児島県選抜とジュニアナショナルチームの戦いぶりにも注目したい。
男子の組み合わせは、こちら

前回大会男子優勝 東京アート(2大会連続15回目)

 

女子

女子は、今大会3連覇を目指す全日本実業団王者の中国電力、同大会2位の昭和電工マテリアルズ、同大会3位の鹿児島相互信用金庫とNTT東日本 東京の実業団代表チームに加えて、日本リーグ前期で9期ぶり5度目の優勝を飾ったサンリツ、同大会5位のデンソーが日本リーグ代表として出場する。大学勢は、全日本大学総合で悲願の初優勝を飾った神戸松蔭女子学院大学と同大会3位の愛知工業大学が出場。高校勢は、全国高校選手権で前人未到の9連覇を達成した四天王寺高校、同大会2位の明徳義塾高校が出場する。強豪チームらを相手に鹿児島県選抜やジュニアナショナルチームは第1ステージ突破なるか!?
女子の組み合わせは、こちら

前回大会女子優勝 中国電力(2大会連続4回目)
出場チーム一覧
選考種目 男子代表12チーム 女子代表12チーム
全日本実業団選手権 クローバー歯科カスピッズ(大阪) 中国電力(広島)
東京ガス(東京) 昭和電工マテリアルズ(茨城)
シチズン時計株式会社(東京) 鹿児島相互信用金庫(鹿児島)
NTT東日本 東京(東京) NTT東日本 東京(東京)
前期日本リーグ 日鉄物流ブレイザーズ(和歌山) サンリツ(東京)
日野キングフィッシャーズ(東京) デンソー(静岡)
全日本大学総合選手権(団体) 明治大学(東京) 神戸松蔭女子学院大学(兵庫)
愛知工業大学(愛知) 愛知工業大学(愛知)
全国高校選手権 愛知工業大学名電高校(愛知) 四天王寺高校(大阪)
野田学園高校(山口) 明徳義塾高校(高知)
地元選抜チーム 鹿児島県選抜(鹿児島) 鹿児島県選抜(鹿児島)
日本卓球協会強化本部 ジュニアナショナルチーム(JNT) ジュニアナショナルチーム(JNT)

 

栄光の記録

2011年大会以前の優勝記録は、こちら

栄光の記録(最近10年間)
年度 男子優勝 女子優勝
2012(平成24)年 東京アート(東京) 中国電力(広島)
2013(平成25)年 東京アート(東京) 日本生命(大阪)
2014(平成26)年 東京アート(東京) 日本生命(大阪)
2015(平成27)年 協和発酵キリン(東京) 日立化成(茨城)
2016(平成28)年 東京アート(東京) 中国電力(広島)
2017(平成29)年 協和発酵キリン(東京) 日立化成(茨城)
2018(平成30)年 リコー(東京) ジュニアナショナルチーム
2019(令和元)年 東京アート(東京) 中国電力(広島)
2020(令和2)年 中止
2021(令和3)年 東京アート(東京) 中国電力(広島)

 

大会情報

大会情報:こちら

(公益財団法人日本卓球協会 広報委員会)