公益財団法人
日本卓球協会

NEWS
お知らせ 2021.03.15
日本卓球協会における新型コロナウイルス感染症対策

(2021年3月15日版)

日本卓球協会では、各地域での卓球練習、競技大会の再開を念頭に『新型コロナウイルス感染症対策』を作成しました。このガイドラインは、日本スポーツ協会による「スポーツイベントの再開に向けた感染拡大予防ガイドライン」をもとに国際卓球連盟(ITTF)のガイドラインに掲載されている競技特性を踏まえた注意事項等を加味して作成したものです。

なお、ここに述べる感染対策は、現段階で得られている知見に基づくものであり、今後の科学的根拠の蓄積や、流行状況の変化に応じて随時変更されてゆくべきものです。従って、適宜改訂を予定しております。ご利用の際には最新版であることをご確認下さい。

このガイドラインに従うことで必ず感染を防御できるというものではなく、その時の環境、感染状況などを考慮して、現場にいる方の適切な判断で、臨機応変な対応が必要です。基本的には、それぞれの練習環境において感染予防に取り組み、練習場に出入りする関係者の体調管理を徹底することが重要です。

地域によって流行状況が大きく異なることから、都道府県単位で方針が異なります。練習・競技大会の計画・開催等にあたっては、地域の自治体の方針に従うことが前提であり、地域の最新情報も併せてご確認頂きたくお願い申し上げます。

2021年3月15日:主な改訂情報
✓ 1.(1)⑤ ダブルスの練習について、変更しました。
✓ 1.(2)2)マスクについて、追記しました。
✓ 1.(2)7)①ダブルスの練習内容について、変更しました。
✓ 2.(1)③競技種目について当面のシングルスを削除し、ダブルスや団体戦を追記しました。
✓ 2.(1)⑥マスクの着用方法について、追記しました。
✓ 2.(3)2)マスク等の準備について、追記しました。