公益財団法人
日本卓球協会

NEWS
大会・試合 2023.01.24
【全日本卓球2023会場レポート】混合ダブルスで中央大ペアが松島・張本組を破ってランク入り!

混合ダブルスランク決定戦で松島・張本組に勝利した枝廣愛・小野寺翔平組(中央大)


24日(火)、大会2日目。ジュニア男女シングルスの後は、男女ダブルス2・3回戦および混合ダブルス4回戦が行われた。男女ダブルスでは、スーパーシード勢への挑戦権を得たペアが決定。混合ダブルスではベスト8が出揃った。

【男子ダブルス】

男子ダブルスは3回戦が終了。
田中佑汰・篠塚大登組(愛知工業大)は中村廉・神京夏組(瀬戸内スチール)に3-0で快勝。第1シードの宇田幸矢・戸上隼輔組(明治大)が待つ4回戦へと駒を進めた。
Tリーグでチームメイトの及川瑞基・松島輝空組(木下グループ・木下アカデミー)は同じくTリーガー同士のペアである有延大夢・田添響組(琉球アスティーダ・岡山リベッツ)と対戦。フルゲームまでもつれた接戦の結果、最後に突き放した及川・松島組に軍配が上がった。明後日の4回戦では実業団ペアの松平賢二・硴塚将人組(協和キリン)と対戦予定。

篠塚大登・田中佑汰組(愛知工業大)

松島輝空・及川瑞基組(木下アカデミー・木下グループ)

【女子ダブルス】

女子ダブルスは3回戦が終了。
学生選手権2連覇の黒野葵衣を擁するカットペア黒野葵衣・中島彩希組(早稲田大)は竹本朋世・松本静香組(十六銀行)と対戦。ゲームカウント1-2でリードされる苦しい展開になるも、最後まで粘った黒野・中島組が3-2で逆転勝利を収めた。勝利した黒野・中島組は明後日の4回戦で大会史上初の5連覇がかかる伊藤美誠・早田ひな組(スターツ・日本生命)と対戦する。
姉妹ペアの玉石美幸・玉石幸穂組(エクセディ)は息の合ったプレーで2回戦に続き3回戦もストレートで快勝。明後日の4回戦でベスト16入りをかけて小畑美月・菅澤柚花里組(デンソー)と対戦予定。

黒野葵衣・中島彩希組(早稲田大)

玉石美幸・玉石幸穂組(エクセディ)

【混合ダブルス】

混合ダブルスはベスト8が決定。ランク入りをかけた熱い闘いが繰り広げられた。
連覇を狙う第1シードの張本智和・早田ひな組(IMG・日本生命)は昨年もランク入りをかけてゲームオールジュースの死闘を演じた小林広夢・出澤杏佳組(日本大・専修大)と再戦。第1ゲームを落とし、第2ゲームの途中までリードされる展開にヒヤリとするも、精度のいい強打でじりじりと追い上げた張本・早田組が3-1で逆転勝利。連覇に向けて上々の立ち上がりを見せた。
小野寺翔平・枝廣愛組(中央大)は4回戦で松島輝空・張本美和組(木下アカデミー)に3-1で勝利。コースを突いたプレーで若き実力者ペアにリズムを作らせなかった。

張本智和・早田ひな組(IMG・日本生命)

関連情報

全日本特設サイト:ライブ配信(卓球TV)
全日本特設サイト:チケット情報
全日本特設サイト:試合速報・記録

(公益財団法人日本卓球協会 広報委員会)